For the foreigners in Japan ”The Shinto Faith” :GAIJIN-san he SHINTO no SINKOU

日本の皆様へ

日本在住の外国人の皆さんに英文の神道の紹介をしたいと思います。日本語は話せるけれど、読み書きが出来ない。平仮名はわかるけれども、漢字がわからない人たちがいます。英文の紹介やローマ字表記が親切かなと思いまして実験的にコミニケーションしたいと思います。翻訳は英文の後にあります。

  Since ancient times, Japanese have expressed the divine energy or life-force of the natural world kami and have worshiped them. Individuals who have made a great contribution to the state or society may also be enshrined and revered as kami.

  Observing the Shinto faith includes worshipping ancestors as guardians of the family. The Japanese have enshrined ancestral spirits at household alter.

   There are jinja in Japan today where various kami are enshrined, particularly those who appear in the story of the Divine Age or historical figures. Among them are individuals known for their great achievements, such as the Emperor, politicians, scholars, loyal retainers, or brave samurai.  Furthermore, some persons who died for  the community are enshrined as kami. In Japanese society, people have shared culture of deifying someone or something that showed special ability beyond human beings.

 古くから日本人は、神聖な力や自然界の生命力を神と表現し、崇拝してきました。国家や社会にたいして多大な貢献を果たした人物も、神として祀られ崇められます。

 また神道の信仰の中には、祖先を家族の守り神として祀るということもあり、日本ではそれぞれの家庭で祖先の霊を祀ってきました。

 日本では今日、神話の神々や歴史上の人物など、さまざまな神が神社で祀られています。その中には、天皇や政治家、学者、忠臣、あるいは勇敢な侍など、偉大な功績によって知られる人物もいます。また、公のために殉じた人が神として祀られることもあります。日本の社会は、並外れた何かを有する存在を神として祀る文化を有してきたのです。

投稿日:2015年06月30日(火)


コメントはこちらから


名前*

メールアドレス*

ウェブサイト