なぜ神様は扉を開けるのでしょう?(その1)

人間の体の中には、「魂」と「ジ(JIT)」が二つあります。
猫でも犬でも、人生のある動物たちに「魂」と「ジ」はあります。
昔からすべての動物は(生まれかわりながら)進化していきます。

なぜ、進化するのでしょう?
私たちは地球の中で勉強すると形状が変わってきます。
例えば、動物が細長い壷の中の食べ物が食べたくても食べられない時、その個体は死にますが、子孫何代もかけて舌が長くなって食べられるようになってくる、これが勉強ということです。

科学者は進化すると言い、突然変異で変わっていきます。しかし、科学者は本当の理由が説明できません。
「ジ」を深めることによって、形が変わっていきます。科学には自ずから限界がありますが、「ジ」には限界がありません。人間は空を飛びたくても飛ぶ事はできませんが、「ジ」を使えば何でもすることができます。

なぜ「ジ」を理解する必要があるのでしょう?
「ジ」を理解できないと、天の扉を開けるために洞窟の中に入っていく価値がわかりません。

プラプッタジャウ(お釈迦様)が出現する2557年よりも前のこと

非常に高度なレベルの人は、通常の人間では理解できないことを理解するために「ジ」を使いました。動物から類人猿そして人間と変化して来るまでに何千年何万年もかかってきました。しかし「ジ」を使えば人生100年の間でも、ずっと早く進化することができます。

脳を使う上限は、アインシュタインのような科学者でも10%くらいですが、脳を50%くらい使うと進化できるようになります。
50%使うと魂と「ジ」は合体して1つになります。脳をそこまで使わずに、魂と「ジ」が別々ならば人は自分の肉体から離れずに生命活動します。そのような人が死ぬと、「ジ」は消滅し、魂は肉体から離れますが、魂が自由になるわけではなくて、そのまま閻魔大王のところ(地獄)に行かなければなりません。

(死ぬと浄土に行けるということはなくて、ほぼ全員が地獄に行きます。生まれ変わるもの達のルールです。これは改めて説明します。)

しかし、魂と「ジ」が合体すると肉体から自由になります。神霊になります。閻魔大王のところ(地獄)に行かなくても良くなりなす。
(これは一般の霊:スピリッツも同じです。生まれ変わりをしないで、ずっとこの世に住んでいます。)
どこにでも行くことができ、どんなところでも存在することが出来ます。

投稿日:2015年05月23日(土)


コメントはこちらから


名前*

メールアドレス*

ウェブサイト